Share

TRAVEL

無料で楽しめる!イスラエルの最高アクティビティ20選

財布なしで楽しめる!イスラエルの文化、歴史を満喫できる魅力的なスポット

by ISRAERU 編集部 |2021年12月10日

ハイファの絶景、バハーイー庭園の写真です。
ハイファの絶景、バハーイー庭園は入場無料です。(写真提供:Nicky Blackburn)

イスラエルには多くの観光スポットがありますが、無料で楽しめるアクティビティがあると嬉しいですよね?そこで今回は、エルサレム、テルアビブ、ハイファの3つの大都市にあるスポット5箇所に加え、そのほかにもお金をかけず、楽しみながら学べるイスラエルのスポットをご紹介します。


エルサレム アクティビティ5選
テルアビブ アクティビティ5選


エルサレムの5選

クネセト(議会)と最高裁判所の無料ガイド付きツアーは、無料で楽しめるアクティビティとして有名ですが、パンデミックによりしばらくの間中断されていました。現在ではこれを含む、多くのアクテビティを無料で楽しむことができます。


旧市街

イスラエルで最も多くの人が訪れ、そして最もインスタグラムに掲載される無料の観光スポットは、ヘロディアン第二神殿の擁壁の残骸である旧市街の嘆きの壁(コテル)です。


旧市街の城壁内には他にも、神殿の丘、岩のドーム、フルバシナゴーグ、聖墳墓教会、ヴィア・ドロローサなどがあります。


エルサレムの旧市街にあるフルバシナゴーグの写真です。
エルサレムの旧市街にあるフルバシナゴーグ(写真提供:ダニエル・サンタクルス)

旧市街の各地区(アルメニア人、ユダヤ人、キリスト教徒、イスラム教徒)には、独自の雰囲気があります。旧市街のほぼすべての石の裏に物語があるので、ここは歴史、神学、考古学に精通する場所です。



ウォールローズガーデン

国内で最も甘い香りのする庭園の1つであるウォールローズガーデンは、最高裁判所のふもと、クネセットの真向かいにあるギヴァトラム地区にあります。


エルサレムのウォールローズガーデンに咲くピンクのバラの写真です。
エルサレムのウォールローズガーデンに咲くバラ(写真提供:ウィキメディア・コモンズ)

1981年にオープンしたこの19エーカーのパブリックガーデンには、450種類以上、15,000本ものバラの茂みがあり、世界で最も美しい11のバラ園の1つに選ばれました。


ウォールには、広大な芝生、丘、採石場、観賞用の養魚池、滝、彫刻、6世紀のモザイクの床もあります。



エルサレム鳥観測場

毎年、羽毛を持った10億もの訪問者がイスラエルを移動します。 1.5エーカーのエルサレム鳥観測場は、鳥たちが通るルートにあり、クネセットと最高裁判所の間という都会の場所にあります。


エルサレム鳥観測所で鳥と交流する子供たちの写真です。
エルサレム鳥観測所で鳥と交流する子供たち。(写真提供:JBO)

ここの中心はベラチャバードハイドという場所で、来場者は池と周囲の果樹の素晴らしい景色を眺めることができます。この秘密の観測場所は24時間年中無休、無料で解放されています。


3月から5月にかけて、いつでも鳥のバンディング(鳴き声)セッションが観察でき、スタッフおよびボランティアによる鳥の見分け方を教わることができます。また日曜日から木曜日の9時から15時まで、ギフトショップ、図書館、ゲイル・ルービン ネイチャーアートギャラリーを備えたビジターセンターがオープンしています。


年間を通して、英語とヘブライ語でさまざまな散歩、講義、ワークショップ、旅行に参加することができます。


Tel +973(0)2-653-7374



ガゼルバレー

街中にガゼル?と驚くかもしれませんが、ここギバットモルデチャイ地区のガゼルバレーには、絶滅危惧種のマウンテンガゼルの群れが住んでいます。


エルサレムの都市部にある野生動物公園、ガゼルバレーのガゼルの写真です。
エルサレムの都市部にある野生動物公園、ガゼルバレーのガゼル(写真提供:Dafna Ben Nun)

公園内で丁寧に育てられた生態系には500種以上の植物が含まれており、その多くは20世紀以前にエルサレムの山々に存在していた元の植物相を再現するために再導入されました。


ガゼルバレーには、約170種の渡り鳥や留鳥、節足動物、爬虫類、両生類、小型哺乳類も生息しています。生態学的な水循環システムによって供給される4つの池、たくさんのピクニックスポット、そして野生から不法に連れて行かれたギリシャリクガメの避難所があります。



ヤドヴァシェム:世界ホロコースト記念センター

広大な敷地に30もの施設が入ったヤドヴァシェム複合施設。本館のホロコースト歴史博物館には、オリジナルの遺物、生存者の証言、個人の所有物を通じて個々の犠牲者の体験を強調しています。また「名前の広場」と呼ばれる部屋では、ホロコーストの犠牲者たちの名前や写真が連ねられています。館内ツアーの最後を飾るバルコニーからは、エルサレムの希望に満ちたパノラマの景色を眺めることができます。


オンラインで事前予約が必要なのでお忘れなく。ホロコースト歴史博物館への入場は10歳以上から可能です。




テルアビブの5選

止まらない街、テルアビブといえば外せないのが、12の美しい地中海ビーチです。砂と日焼け止めを落としたら、次のアクティビティを楽しんでみては?


インディペンデンス・トレイル

インデペンデンストレイルは、テルアビブのインデペンデンスホールに関連する10のランドマークとテーマを結ぶ無料のウォーキングツアーです。


インデペンデンス・トレイルの写真です。おじいさんのパネルが展示してあります。
インデペンデンス・トレイル・ルートに沿って歩くと、テルアビブの10の主要な場所にたどり着きます。(写真提供:Nicky Blackburn)

1 kmのトレイルは、ヘルツル通りとロスチャイルド大通りの角にある、市内初のフードキオスクから始まります。1909年に最初のヘブライの都市であるテルアビブが設立されてから、1948年のイスラエル設立までに建てられた歴史的建造物の前も通過します。


夜には、地面に埋め込まれた光る黄銅のラインを辿ってみてください。小道沿いの標識には3か国語で情報が掲載されており、ロスチャイルド大通りの案内所では8か国語で地図を無料で入手できます。


また無料のGPSベースのアプリケーションをスマートフォンにダウンロードすることもできます。イスラエルの有名人(Shlomo Artzi、Rivka Michaeli、Tal Mosseri)を選択すると、彼らがルートを説明してくれます。このアプリでは、関連した曲、VR、ビデオクリップ、アニメーションやユニークなコラージュなどを組み込んでいます。


アレンビー通りに建つテルアビブの大シナゴーグの写真です。

アレンビー通りに建つテルアビブの大シナゴーグ。(写真提供:Nati Shohat (FLASH90))

訪問スポットとして、独立記念館、ハガナー博物館、イスラエル銀行、シャロームメイヤータワー、大シナゴーグ、街の最初のキオスク、テルアビブの創設者アキヴァアリエワイスの家であるナフムグットマンによって作成されたヤッファの歴史のモザイク、創設者記念碑や彼の馬に乗っているメイヤーディゼンゴフ市長の像などがあります。



テルアビブ・グリーター

テルアビブグリーターとは、地元への愛情を分かち合いたいボランティアによる、無料の観光ツアーです。通常2~4時間の散歩ツアーとなっています。ちなみにチップはNGです。


テルアビブ・グリーターは、世界中にあるグリータープログラムの非公式国際バーチャル協会、国際グリーター協会の一部です。


テルアビブ港の写真です。
テルアビブ港(写真提供:Anna Wachspress)

地元の人と街を歩くと、ガイドブックでは見つからない何かが見つかるかも?家族や友人との旅行はもちろん、一人旅の際にもおすすめです。テルアビブグリーターは、博物館、歴史的場所、飲食店、ナイトライフ、そしてネベツェデク、ナチャラットビンヤミン、イエメナイト地区、テルアビブ港、ヤルコン公園、フィレンツェ、オールドヤッファ、カルメル市場などのホットスポットやテルアビブの12のビーチに沿った遊歩道に連れて行ってくれます。


「Greet Date」の少なくとも5日前(ただし1か月以内)にオンラインで事前登録を行ってください。


https://www.telavivgreeter.com/


ベン・グリオン・ハウス

イスラエル最小の美術館の1つであり、おそらく最も見過ごされているのは、ベングリオンハウスです。ベングリオンハウスは、イスラエルの初代首相であるデビッド・ベン=グリオンの第2の家として使用された17ベングリオンブルバードの史跡です。


テルアビブのベン・グリオン・ハウスの内装の写真です。
テルアビブのベン・グリオン ハウスの内装(写真提供:Miriam Alster(FLASH90))

ここではベン=グリオンの図書室、家族の寝室、そして彼の研究を見ることができます。英語で無料ガイド付きツアーに参加し、ベングリオンのライフワークについて学びましょう。ハウスは毎日個人およびグループの訪問に開放されています。


予約:info@bg-house.orgまたは+ 972-(0)3-522-1010

予約なしで訪問される方も、英語の音声ガイドとパンフレットを受け取ることができます。



テルアビブのウォーキングツアー

複合施設「サロナマーケット」の写真です。
複合施設「サロナマーケット」(写真提供:Nicky Blackburn)

テルアビブグローバルアンドツーリズムは、英語で利用できる、幅広い興味に合うようにさまざまなガイド付き無料ウォーキングツアーを開講しています。


数多くあるオプションには、ロスチャイルド大通り、サロナマーケット、ネベツェデク/ハタチャナコンパウンド(ヤッファとエルサレムの間で乗客を輸送したオスマン帝国時代の鉄道の敷地に建設された複合施設)、オールドヤッファ、カルメル市場、レビンスキー市場、フィレンツェ/リーハイ博物館/ストリートアート、テルアビブオペラハウス、カメリシアター、ヤッファのキリスト教の礼拝堂などがあります。


https://visit.tel-aviv.gov.il/


遊歩道で人間観察

ゴードンビーチの隣にあるテルアビブ-ヤフォ遊歩道でサイクリングを楽しむ人と犬の散歩をする人の写真です。
ゴードンビーチの隣にあるテルアビブ-ヤフォ遊歩道でサイクリングを楽しむ人と犬の散歩をする人(写真提供:Abigail Klein Leichman)

テルアビブ-ヤフォ遊歩道は、南のオールドヤッファから北のテルアビブ港まで伸びるにぎやかなビーチサイドの遊歩道です。散歩をしていると、ゴージャスな地中海の景色や、見どころ溢れるテルアビブの住民生活の一断面を見ることができます。


朝から晩まで、あらゆる年齢のテルアビビアンが散歩、サイクリング、ジョギング、スクーター、スケート、ビーチバレーボール、パーソナルトレーナーとのワークアウト、犬の散歩、ランニング、ベビーカーの押し出し、楽器を演奏する姿を見ることができます。そして土曜日の夜には、ゴードンビーチの隣の遊歩道でフォークダンスが行われます。


テルアビブのビーチで行われるフォークダンス。
テルアビブのビーチで行われるフォークダンス(写真提供:Anat Hermoni (FLASH90))

ハイファの5選

バハーイー庭園

地中海岸にあるこの北部の都市の最高の宝は、ユネスコの世界遺産に登録されているバハーイー庭園です。


バハーイー庭園の写真です。
バハーイー庭園の写真(写真提供:Nicky Blackburn)

光の波をイメージしてデザインされた19のテラスは、カルメル山の北斜面に向けて伸びています。庭にある全ての線やカーブは、バハイ教の預言者バーブの墓である、黄金ドーム型のバーブ廟に向けられています


庭園への入場やガイド付きツアーは無料です。 4箇所は月曜日から日曜日まで毎日一般開放されており、ウォークインツアーは水曜日を除いて毎日行われています。



へフト美術館

ハイファ大学のロイベン&エディト・へフト美術館では、事前に予約すると、ヘブライ語、アラビア語、英語、スペイン語の4つの言語によるグループ向け無料ガイドツアーに参加できます。


常設展示には、「カルコリス時代からミシュナイタルムード時代(ローマ時代とビザンチン時代)までのイスラエルの地の考古学」、「聖書時代のイスラエルの北海岸のフェニキア人」、「古代の工芸品と産業」(古代の工芸品と産業、金属加工、木工、ガラス製造、石器産業、執筆の芸術、および医師の工芸品)があります。


ハイファのヘクト博物館に展示されている紀元前700年頃のフェニキアの船の写真です。
ハイファのヘクト博物館に展示されている紀元前700年頃のフェニキアの船。(写真提供:Yossi Zamir (FLASH90))

特別な翼は古代の船乗りの研究に捧げられており、2400年前の船の船体、その錨、そして貨物を特徴としています。


ルーベン・ヘクトの印象派とユダヤ人学校のパリの画家の作品の個人コレクションもここに展示されています。アーティストの中には、モネ、マネ、ピサロ、ゴッホ、モディリアーニ、シャイムスーティンがいます。


博物館の敷地内には、ネゲブ高原の住居や埋葬施設、ハイファの南入口にあるハルバットカストラのオイルプレスなど、古代の建物の遺跡が再建されています。



エリヤの洞窟

ハイファのエリヤの洞窟の写真です。緑のパンツを履いた女性も写っています。
)ハイファのエリヤの洞窟(写真提供:ウィキメディア・コモンズ)

預言者エリヤの洞窟は、ユダヤ教徒、キリスト教徒、イスラム教徒、そしてドゥルーズ派の全てに宗教的な意味を強く持っています。


巡礼者は、洞窟が魔法と癒しの力を与えてくれると信じています。伝説によると、エリヤは邪悪なアハブ王から洞窟へと避難しました。洞窟には聖櫃があり、天井には訪問者が祈りのメモを置くスペースがあります。洞窟の壁は、何世紀にもわたって訪れた巡礼者が残したメモで覆われています。中には、Germanousという名前のローマの兵士が書き残したものもあります。


エリヤの洞窟の上にある修道院は、カルメル会に捧げられています。キリスト教徒は、ヘロデ王から逃れるため、イエスと彼の家族がこの同じ洞窟に隠れたと信じています。



ウルスラ・マルビン彫刻公園

バハーイー庭園からそう遠くないところに、平和公園のミツポル・シャロームがあります。ここには、ウルスラ・マルビンにより作成された29体もの等身大の子供、若い男性、女性や動物たちの彫刻が展示されています。この公園は、世界で初めて1人の女性アーティストの作品のみを展示した野外の彫刻公園であると言われています。


ハイファのウルスラ・マルビン彫刻公園に展示してある29の作品の1つの写真です。
ハイファのウルスラ・マルビン彫刻公園に展示されている29の作品の1つ(写真提供:Rishwanth Jayapaul (FLASH90))

マルビンはベルリンで生まれ、家具職人として訓練を受けました。 1939年、彼女はナチスから逃れるためスイスに渡り、そこで彫刻を学びます。 1966年にイスラエルを訪問している間、彼女はハイファの約12マイル南に位置する芸術家の村であるアインホッドに建つ古い家を購入しました。 1978年、彼女はブロンズ作品をハイファ市に寄贈し、港を一望できるミツポルシャロームに展示されました。


マルビンが手がけたその他の作品は、スイスや北アメリカの私立・公立の庭園、学校、施設の建物に展示されています。彼女は2020年に103歳で亡くなりました。


公園はシオニズム大通りと11月通りのセカンドの交差点にあります。



ネシャー公園の吊り橋

ハイファのネシャー公園にある吊り橋の写真です。
ハイファのネシャー公園にある吊り橋。(写真提供:ウィキメディア・コモンズ、Hanay)

KKL-JNFが管理するこの美しい公園には、カティア川の上に2つの鋼橋が架かっており、ハイファ大学の下にある森林に覆われたカルメル山の斜面の珍しい景色を眺めることができます。


現在、1つの橋は修理のため閉鎖されています。もう1つは長さ約230フィートで、歩くと風に揺られ、スリル満点の体験ができます。


ネシャー公園には、ハイキングコース、フィットネスとスポーツ施設、遊具、公園の全景を見渡せる展望台やピクニックテーブルもあり、家族全員で一年中楽しめます。公園の上の方には、車椅子用の経路とピクニックテーブルも兼ね揃えています。



その他地域から5選

ラマット・ハナディブ(ジフロン・ヤアコヴ)

魅力的な北西海岸の都市ジフロン・ヤアコヴにいる際、駐車料金として25シェケルがかかりますが、入場料無料の美しいラマト・ハナディフ自然公園とメモリアルガーデンへは立ち寄る価値があります。


ジフロン・ヤアコヴのラマット・ハナディブ自然公園と記念庭園での無料コンサートの写真です。
ジフロン・ヤアコヴのラマット・ハナディブ自然公園と記念庭園での無料コンサートの様子。

カルメル山の南端に位置する、この1,111エーカーの精巧に手入れされた公園は、エドモンドデロスチャイルド男爵に捧げられ、「ヨーロッパ形式と地中海の植生の上品な融合」と称されています。


また、敷地内には考古学的な遺跡や五感で楽しめる庭園などがあります。公園内ではしばしば無料のコンサートを見ることができます。



ラリー美術館(カイザリア)

カイザリアの40,000平方メートルにも渡る敷地に建つ2つのラリー美術館では、多くの芸術と文化を無料で体感できます。ラリー美術館は、非営利団体のハリー・レカナティ財団から資金提供を受けています。


1つの美術館では、主にラテンアメリカとスペインの絵画や彫刻を展示しています。その常設コレクションには、サルバドール・ダリの作品が40点と、ロダン、アルマン、マッソンなどの芸術家による巨大な作品を並べた中庭があります。 2つ目の美術館では、聖書をテーマにした16世紀から18世紀の絵画を展示しています。



ストーリーガーデン(ホロン)

ホロンの想像的なストーリーガーデンの写真です。
ホロンの想像的なストーリーガーデンの1つ(写真提供:Boris_V(Shutterstock))

イスラエルの「子供たちの街」として知られるテルアビブ郊外のホロンには、イスラエル子供博物館、デザイン博物館、漫画博物館、人形劇場センターなど、楽しめる場所が沢山あります。しかし、お金をかけずしても、子供たちは40以上もストーリーガーデンが点在する市内で存分に楽しむことができます。


各ストーリーガーデンは、愛され続けるヘブライの童話から着想を得ており、イスラエル芸術界の第一人者であるアーティストたちにより手がけられたユニークな環境彫刻プロジェクトです。


子供たちはこれらの物語の登場人物のいたるところに登って遊んでいます。遊びを楽しむために物語を知っている必要はありません。もしヘブライ語がわかる場合は、記載されている物語を読んだり、または、地元の子供向け図書館で本を見つけることもできます。




ルナダの海賊公園(ベエルシェバ)

ルナダ–ベエルシェバにあるジャック、ジョセフ、モートン・マンデル子供博物館は、1〜12歳の子供向けの体験・対話型博物館です。博物館のふもとには無料で利用できる15エーカーのワンダーランドがあり、五感すべてを刺激する実践型アクティビティやゲーム、体験が満載です


環境に優しい湖、船のある海賊の島、円形劇場、巨大な公園、ジップライン、ウォーキングとサイクリングの小道があるルナダ公園は、家族みんなが何時間も楽しむのに最適な場所です。毎日営業しています。




音楽を奏でる噴水(エイラット)

陽が沈むと、iMaxピラミッドの近くにある遊歩道のツーリストセンターでは、レッドシティリゾートによるサウンド&ライトショーが開催されています。


音楽のリズムに合わせて水が噴射し、観客の拍手に基づいて色と音が変化します。また、多くの場合、近くで無料のストリートパフォーマンスが行われているため、お金をかけず、エイラットの夜を楽しむ方法の1つです。


青やピンクに輝く、エイラットの音楽を奏でる噴水の写真です。
エイラットの音楽を奏でる噴水(写真提供:Eshed Fountainsの提供)

情報提供:ISRAEL21c

テキスト:Abigail Klein Leichman